実年齢よりも若い肌で居たい

実年齢よりも若い肌で居たい

キレイな肌をしている方というのは、周りの方から自然と実年齢よりも若く見られる事が多いかと思うのですが、私も40代になり少しでも周りの方に若く見てもらいたいという思いが芽生え始めました。

若い頃は少しでも大人っぽく見てもらいたいと思っていたので若く見られたいと話している方の気持ちは分かりませんでしたし肌の若々しさを気にする事はありませんでしたが、40代になり少しでも若く見てもらいたいという気持ちや少しでも若々しい肌のままで居たいと感じる思いが分かるようになりました。

気持ちがそれだけ変わっているという事は歳を取っているという事なのだろうと感じています。

年齢を若くすることは出来ませんが見た目は自分の努力次第で若くすることは出来るので私は今まで使っていた化粧品を使うのを止めもっと肌に潤いを与えてくれそして肌に負担の掛かる余分な成分が含まれていない化粧品を使う事にしました。

1歳でもいいので若く見られたいと感じるようになるとは思っていませんでしたがそれが自然な流れなのだと受け入れ丁寧なお手入れをしていきたいと思います。

気になるシミを面に出したくない

若い頃日焼けをし過ぎると歳を取った時にシミが出来やすくなる事など知らなかった私は、何もケアをする事無く毎日毎日紫外線を浴びまくっていました。

その結果腕も顔も真っ黒になるまで日焼けをしてしまい毎日海に出かけていたのだと勘違いされるほど黒くなってしまいました。

よく焼けた健康的な肌よりも柔らかく可愛らしい感じのする白い肌の方が魅力的に感じ始めてからは少しずつ日焼け対策を行い始めたのですがあまり本格的なケアの方法を知らなかったのでしっかりとしたケアは出来ていませんでした。

40代におすすめの化粧品

すると40代になったあたりからやはり頬のあたりにシミが出来始めてしまいました。

出来てしまったシミのケアを行いながらこれ以上シミを増やさないよう化粧品を使って肌を守るようにしているのですが、40代という肌の再生能力が下がってしまってからではなくもっと早くからケアをしていればよかったと後悔する事もあります。

ですが後悔してもシミが消えるわけではないので今は出来るだけシミが面に出てこない化粧品を探し肌にも心にも優しいケアをするよう心掛けています。